山崎さん搭乗のディスカバリー、ISSとのドッキングに成功でも一寸心配




日本では日本人二人がISSに同時滞在とニュース化されてるが、
実際は女性搭乗員四人になるのも、初めてだそうだ。
タイルが一部剥がれてるのでは?とか、の報道もあり、補修など差し支えなければいいが。無事の帰還を・・

4月7日 AFP】日本人宇宙飛行士の山崎直子(Naoko Yamazaki)さん(39)らが搭乗しているスペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」は日本時間7日午後4時44分、カリブ海の344キロ上空で、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)とのドッキングに成功した。

「ディスカバリー」には、山崎さんのほか、2人の女性飛行士、ドロシー・メトカーフリンデンバーガー(Dorothy Metcalf-Lindenburger)さん(34)、ステファニー・ウィルソン(Stephanie Wilson)さん(43)が搭乗しており、ISSに現在滞在している米人女性飛行士のトレーシー・カードウェル・ダイソン(Tracy Caldwell Dyson)さんと合わせ、4人の女性飛行士が同時に宇宙に滞在することになる。これは史上初めてのことだ。ダイソンさんは4日、ロシアの宇宙船「ソユーズ(Soyuz)」でISSに到着していた。

 さらに、山崎さんは、前年12月からISSで活動を続けている日本人宇宙飛行士、野口聡一(Soichi Noguchi)さんと合流することになり、2人の日本人宇宙飛行士が同時に宇宙に滞在することも史上初めてとなる。(c)AFP

シャトル垂直尾翼タイル、はがれた可能性
読売新聞 04月07日15時17分

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)=吉田典之】米航空宇宙局(NASA)は6日午後(日本時間7日午前)、スペースシャトル「ディスカバリー」を打ち上げた際、垂直尾翼の耐熱タイルがはがれた可能性があると発表した。

 この部分のタイルは、打ち上げで燃料を燃やした際の熱から尾翼を守るためのもので、着陸への影響は少ないという。詳細は、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングした後に送られてくるビデオで分析する。

 はがれたのは垂直尾翼の後縁で、中央より少し上の部分。離陸から約42秒後に破片が飛んだ様子が、上昇の様子を地上から録画したビデオに映っていた。YOMIURIONLINE

画像

打ち上げ直後の米スペースシャトル「ディスカバリー」の垂直尾翼。矢印の付近に変色がみられ、右上にははく離したとみられる白い物体が映っている(6日=NASA提供)(時事通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック