<小惑星探査機>「はやぶさ」最後の軌道修正に成功


毎日新聞 06月09日20時09分
画像
宇宙を航行する小惑星探査機「はやぶさ」の想像図宇宙航空研究開発機構提供
画像
小惑星探査機「はやぶさ(Hayabusa)」の実物大模型を背にした東京大学の吉川真准教授(2010年5月19日撮影)。(c)AFP/Miwa SUZUKI
Ref http://skyblue5148.at.webry.info/201006/article_11.html
 
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還に向けた最後の軌道修正を実施し成功した。

小惑星イトカワの試料が含まれている可能性があるカプセルは13日深夜(日本時間)、
オーストラリア南部・ウーメラ砂漠内の目標地域(百数十キロ×数十キロ)に落下する予定。

 軌道修正は9日午後0時半、
相模原市のJAXA管制室からはやぶさのイオンエンジンを噴射させ、約2時間半かけて目標の軌道に誘導した

川口淳一郎・はやぶさプロジェクトマネジャーは「このエンジンが『完走』できるとは正直思わなかった。特に(エンジン故障などトラブルが続いた)帰路は気持ちの休まる時がなかった」と話した。毎日JP【奥野敦史】

なお「はやぶさ」本体は、大気圏突入の際、燃え尽きる.由。
ということは、カメラ?や試料回収箱などの放出、大気圏遊弋・・・・→豪州回収区域・地点・・・回収・・まで気持ちの休まる間はまだないですね東大の先生。GoodLack!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック