ランチは一緒にハンバーガー、米露首脳 経済強調拡大で合意




G8を前にして事前予備会談。 ランチパーティーか。新G2 の誕生だな。
ハンバーガ-shopで、ボーイングの航空機50機の商談とは、豪勢な話。
ボーイングは作りきれるのかな
。(受注のbachlogは膨大だが)
画像


【6月25日 AFP】ロシアのドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)大統領とバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は24日、ホワイトハウスで会談し、経済面での協調拡大を確認。会談後の記者会見でオバマ大統領が「冷戦時代に構築されたホットラインを切断すべき時がきた」と冗談を飛ばす一幕も見られた。

 4月に新核軍縮条約を結んだ両国にとって、今回の会談は貿易・投資面での新たな関係構築に重点が置かれたものとなった。まず、メドベージェフ大統領が、安全衛生基準をめぐり中断していた米国からの家禽(かきん)肉輸入再開を表明。これを受けてオバマ大統領は、ロシアの世界貿易機関(World Trade Organisation、WTO)加盟に向けて両国政府間の交渉を加速させる意向を示した。

 雇用対策が難航しているオバマ大統領は、ロシアからボーイング(Boeing)機50機、40億ドル(約3600億円)相当を受注したことも明らかにした。これにより4万4000人の雇用創出が見込まれる。

■一緒にハンバーガーほおばる

 なお、今回の会談では、2人の関係が個人レベルでも「あたたかなもの」であることを報道陣に示すための注意深い演出が随所に見られた。

 オバマ大統領は会談後、郊外のアーリントン(Arlington)にあるお気に入りのハンバーガー店にメドベージェフ大統領を招待。仲良くチーズバーガーをほおばった。

 その後、シークレットサービスの狙撃手らが付近の建物の屋根から周囲をうかがう中、2人は米商工会議所までぶらりと散歩にでかけた。(c)AFP/Stephen Collinson
こういう間に日本の新首相は入っていけるのかな。G8での受け入れられ方うまくいくかな前の二枚舌首相の鳩山の後だけにな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック