窓なし520日、「火星探査」の模擬実験ついにスタート




閉じ込められるだけの実験か 520日 自殺する自由だもなしか 6人で計画的?にでも生活サイクルに
変化を作るんだな。苛酷な実験だなぁ

モスクワ(Moscow)にあるロシア科学アカデミー生物医学研究所(Institute for Biomedical Problems Russian Academy of Science、IBMP)で3日、およそ1年半にわたる有人火星探査の模擬実験がスタートした。男性6人が入ったモジュールのハッチは午後2時(日本時間同午後7時)、科学者らによりぴたりと閉じられた。

実験は、実際の火星探査で見込まれる往路250日、復路240日、探査期間30日のスケジュールに沿って進められ、隔離環境下での心身への負担を調査する。ボランティアの男性6人(ロシア人3人、イタリア人、フランス人、中国人各1人)が閉じ込められたモジュール「Mars500」のハッチが再び開くのは、520日後の実験終了時か、何らかの理由で6人のうちの誰かを除外する必要が生じた時のみとなる。

写真は、実験が行われるモジュール「Mars500」の閉じられる扉の前で手振る6人(2010年6月3日撮影)。(c)AFP/ALEXANDER NEMENOV

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック