衛星「みちびき」今夜打ち上げ 

衛星「みちびき」今夜打ち上げ H2Aロケット発射台に2010.9.11 09:35
                成功を 祈念画像
準天頂衛星の初号機「みちびき」を搭載し、発射地点へ移動する国産大型ロケット「H2A」18号機=11日午前、鹿児島県の宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センター(小野晋史撮影)

 
日本初の測位衛星となる準天頂衛星の初号機「みちびき」を搭載した国産大型ロケット「H2A」18号機が11日、鹿児島県の種子島宇宙センターで発射地点に姿を現した。同日夜の打ち上げに向け、準備作業は大詰めを迎えている。

 18号機は全長53メートルで、機体の側面に2本の固体ロケットブースターを結合。同センターの大型ロケット組立棟で整備を終え、台車に乗せられて約450メートル離れた発射地点までゆっくりと移動した。

 宇宙航空研究開発機構や三菱重工業などは約460人態勢で最終準備を継続。順調にいけば液体燃料の注入を経て、11日午後8時17分に地球を周回する楕円(だえん)軌道へ向けて打ち上げられる。

 みちびきは毎日約8時間、日本のほぼ真上(準天頂)を通過。米国のGPS(衛星利用測位システム)を補い、最高で約3センチの測位精度を目指す。18号機の先端部に搭載され、秒速約10キロに達する打ち上げの約28分後、高度274キロで分離される

「解説」
日本版GPS、「みちびき」  実用化へ3基必要
画像
画像

準天頂衛星初号機「みちびき」(JAXA提供)

. 米国のGPS(衛星利用測位システム)を補完・補強する準天頂衛星の初号機「みちびき」が11日、種子島宇宙センター(鹿児島県)から「H2A」ロケット18号機で打ち上げられる。日本初の測位衛星で、GPSで生じる受信障害の解消と測位精度の大幅な向上が期待される。実用化には最低3基が必要で、政府はみちびきでの技術・利用実証を踏まえて、来年中に2号機以降の計画の是非を判断する。

 カーナビや携帯電話に利用されるGPSは、人工衛星からの信号を受信して地球上の位置を知ることができるシステム。約30基の衛星が地球を周回しており、このうち4基からの信号が受信できれば正確に測位できる。ただ、GPS衛星の軌道は日本での利用に配慮しておらず、高層ビルや山などに信号が遮られやすい地域では1日に2時間半程度、測位が困難になる。

 準天頂衛星は1日8時間ほどは日本のほぼ真上(準天頂)を飛行。3基で運用すればGPS衛星と併用で受信障害はほぼ完全に解消でき、7基に増やせばGPSに依存せずに日本周辺の測位が可能になる。

 初号機のみちびきは宇宙航空研究開発機構(JAXA)が中心となって開発、機体製造や地上施設の整備、打ち上げなどに計約735億円を投入した。

 みちびきはGPSとの共通信号のほかに、最高精度が約1メートルと約3センチに分かれる2種類の補強信号も発信する。いずれも専用の受信機が必要だが、測位精度は現在の約10メートルから大幅に向上する。


精度向上により、カーナビの高度化や次世代の交通安全システム、危険な工事現場での重機の無人操縦、高齢者や子供の所在確認などへの利用拡大が期待される。みちびきでの技術・利用実証は国と民間がそれぞれ行い、財団法人「衛星測位利用推進センター」(東京都)がまとめた民間分には、企業や大学など101団体から計58テーマが提案された。多くの利用実証は今年12月から約2年間の予定。

 同センター企画管理本部長の桜井也寸史さんは「多くのテーマが集まり、手応えを感じている。利用成果を示し、すそ野を広げたい」と話す。

 米国のGPSのほか、ロシア、欧州、中国が全地球規模の衛星測位システムの構築を進め、インドも自国周辺を対象とした独自システムを開発中だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック