原発汚染水の貯留に「メガフロート」活用案




清水港から曳航の途中改造されうのであろうが、
くれぐれも二次災害の原因にならぬよう、東電も工事担当も配慮してね。

大きさ 幅46メートル との記述に、滑走路の幅のイメージがするが。
画像

4月2日 AFP】深刻な状況が続く東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所で、放射性物質で汚染された大量のたまり水を回収し、貯留する場所として、静岡県の清水港で海釣り公園として利用されている人工の浮島「メガフロート」(大型浮体式海洋構造物)を東京電力が譲り受け、使用する案が検討されていることが1日明らかになった。

 メガフロートは鋼鉄製で、長さ136メートル、幅46メートル、高さ3メートル。浮いたまま内部に最大1万トンの水をためることができる
静岡市の小嶋善吉(Zenkichi Kojima)市長は記者会見で、緊急性が高いので譲渡することにしたと語った。
メガフロートは福島第1原発近くまでえい航される。

 福島第1原発では敷地内の地下水から、国の安全基準値の1万倍という高いレベルの放射性ヨウ素131も検出されている。(c)AFP

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック