NASAの次世代有人宇宙船はカプセル型、「オリオン」基に開発





2019年までに試験飛行なんてことになるんだ。その間 ISS サポートはいいんだろうな。

【5月25日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は24日、
小惑星や火星などに宇宙飛行士を運ぶ次世代有人宇宙船を、米航空宇宙大手
ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)のカプセル型有人宇宙船「オリオン(Orion)」を基に開発すると発表した。 
オリオンは、月への有人飛行を目指す米国の「コンステレーション(Constellation)計画」で
開発が進められてきたが、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は前年、
スケジュールの遅れと予算超過を理由にコンステレーション計画を中止していた。

 NASAの新たな「多目的有人宇宙船(MPCV、Multi-Purpose Crew Vehicle)」は重量23トンで、
宇宙飛行士4人による21日間の有人宇宙探査ミッションを想定して開発する。
打ち上げと再突入の際の安全性は、スペースシャトルの10倍に向上させる。
ロッキード社が開発を続け、NASAでは2019年までに試験飛行を行いたい意向だ。(c)AFP

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック