安全失えば信用失う…温首相、異例現地会見

安全失えば信用失う…温首相、異例の会見で反省・・と読売新聞7月29日(金)1時41

温家宝首相が 出て来たか

何を言おうが、どう振舞うおうが 今後見ものだね。国内・民衆・政権・・国外各国各界の反応!strong>
 
【温州(中国浙江省)=比嘉清太】当地で23日に起きた高速鉄道事故で、事故現場を初めて視察した中国の温家宝首相は28日午後、記者会見し、「(運行速度が)速ければ速いほど良いのではない。安全第一であるべきだ」と述べ、運行速度を最優先してきたことへの反省を示した。

 首相はまた、高速鉄道の輸出計画などへの影響を問われ、「安全を失えば、信用を失う」と語り、海外にも一定の影響が出る可能性を示唆した。

 大地震などの際に首相が現地入りし、記者会見するケースはあるが、鉄道事故などの現場で国内外の記者100人以上を対象に釈明会見を行うのは極めて異例。今回の事故の処理をめぐっては、行方不明者の捜索を早々と打ち切って列車の運行再開を優先し、事故の先頭車両の一部を破壊して埋めたことに、インターネットで「人命軽視」「証拠隠滅」などの批判が噴出している。首相の会見には、高速鉄道に対する国際社会の信頼回復を図り、国民の不満緩和により、事態の早期幕引きを図る狙いがある。(YOMIURIONLINE)


<中国高速鉄道>「徹底的に責任追及」温首相、現地で強調毎日新聞7月28日(木)21時39分[.]
画像中国浙江省の高速鉄道事故現場で、献花し犠牲者を追悼する温家宝首相=中国浙江省温州市で2011年7月28日、隅俊之撮影



 【温州(中国浙江省)隅俊之】中国の温家宝首相は28日、浙江省温州市の高速鉄道事故現場で記者会見し、「設備の問題であれ、管理やメーカーの問題であれ、徹底的に追及する。背景に腐敗の問題があれば処罰し、決して手加減はしない」と述べ、断固たる責任追及の姿勢を強調した。中国共産党の最高指導部である政治局常務委員としては初めての現地入りで、政府の対応に国民の批判が高まっていることを考慮したものとみられる。

 温首相は28日午前に温州入りし、事故現場で花を手向けて犠牲者の冥福を祈った。また、事故発生から約20時間後に救出された2歳の女児ら負傷者を見舞うとともに、犠牲者の遺族を慰問した。会見には国内外の記者100人以上が集まり、会見の様子をテレビやインターネット上で中継するなど異例の対応となった。

 事故現場の高架下で記者会見した温首相は「国民は事故原因や(事故後の)対応に疑問を示している」と国民の不満が高まっていることを認めた上で「国民の声を聴き、責任ある説明をしなければならない」と述べ、原因の調査過程をすべて公開すると約束した。

 乗客の救出より運転再開を優先したのではとの質問には「胡錦濤国家主席は人命救助を最優先するよう指示した。鉄道部門はこの点について国民に説明をしなければならない」と述べた。

 中国の「独自開発」と主張してきた高速鉄道技術の輸出に与える影響について、温首相は「安全が失われれば信頼性も失われる」と語った。一方で「関係部門が事故の教訓を真剣にくみ取り、中国の高速鉄道を真に安全なものにしていくと信じる」と強調した。(毎日)
[.]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2013年10月30日 00:25
疑問だらけは私だけなのかしら?
(-"-;)

この記事へのトラックバック