ムーディーズ、ドイツなど3か国の格付け見通しを引き下げ




EU経済圏の中心国の通貨信用レベルの引き下げか。 
南欧諸国が北アフリカ経営に失敗、バブルが遠因かな。

【7月24日 AFP】米大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス(Moody's Investors Service)は23日、
ドイツ、オランダ、ルクセンブルクの国債格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた

 ムーディーズは、これら3か国はいずれもギリシャのユーロ圏離脱のリスクに直面しており、スペインとイタリアの救済でいっそうの資金拠出を求められる恐れがあるとしている。

 これに対しドイツ財務省は、「ムーディーズの意見には留意する」ものの、この「見通し」は「短期的なリスクに着目したもので、長期的な安定性の見通しは考慮していない」として、ドイツはユーロ圏を安定させるいかりの役割を果たし続けると反論した。(c)AFP/Andrew Beatty

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック