日航787が引き返し=可動翼不具合

日航787が引き返し=可動翼不具合で—成田空港 時事通信8月27日(火)23時15分
 
B787ちょくちょく不具合が多いなぁ 
主翼系でわ翼端燃料タンクのバルブ誤作動で燃料漏れがあったなぁ。
翼全体のbondinng不十分なんてことにならんかlな?


27日午後7時40分ごろ、成田発米サンディエゴ行き日本航空66便ボーイング787型機(乗客乗員192人)が太平洋上を航行中、
主翼前方にある高揚力装置(スラット)の不具合を示す計器表示があった
同機は引き返すことを決め、同10時15分ごろ、成田空港に着陸した。通常着陸で、けが人はいなかった。

 日航によると、同機は同6時20分ごろ、成田を出発。同空港の東北東約1500キロの上空を飛行中、
不具合の表示があった。

スラットは可動翼型の高揚力装置で、離着陸時などに展開するが、スラット自体に不具合があったのか、
計器に問題があったのかは現段階で不明。
 同社が原因を調べている。 

[時事通信社]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック