B787 積乱雲の周囲 飛行禁止 GE-Eng搭載機

日航、一部路線のB787を機種変更 積乱雲の周囲飛べず
(2013.11.23 17:13産経)

 日航は23日、
ボーイング787で運航している国際線10路線のうち、成田-シンガポールなど3路線を別の機種に変更すると発表した。
米ボーイングが飛行規定を改定し、積乱雲のすぐ近くを飛行できなくなったための措置。

 日航によると、
ボーイングはゼネラル・エレクトリック(GE)製エンジンを搭載している787について、高度9千メートル以上で積乱雲の周囲90キロ以内の飛行を禁止すると飛行規定を改定、23日に航空会社に通達した。 

日航は、GE製エンジンを搭載した787を12機保有している。同じ型式のエンジンを搭載した他社機で、
積乱雲付近を飛行した際、エンジン内部に氷の結晶ができ、推力が減少した事例があったという

日航の処置は処置としても、「Engの防氷」は厄介だな。日航のボーイング機 忌避の一因かね。                                                                                                                  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック