中国が中型旅客機の初テスト飛行

中国が中型旅客機の初テスト飛行 
国産ジェットで欧米に対抗 
2017.5.5 17:23
画像




5日、上海の浦東国際空港で初のテスト飛行を行った中国の国産中型ジェット旅客機「C919」(共同)

 
中国の国有企業が開発を進めている国産中型ジェット旅客機「C919」(基本設計158席)が5日、上海の浦東国際空港で初のテスト飛行を行った。

同クラスのジェット機は、米ボーイングと欧州のエアバスが市場で
圧倒的な存在感を誇るが、切り崩しを狙う。

 航空機需要が拡大する中国市場で販売実績を積み、将来は輸出も目指す。
開発する中国商用飛行機(上海市)の担当者によると、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のエンジンを搭載している。
 中国メディアによると、軽量化のため、機体にアルミリチウム合金を多く使用。
部品の国産化比率は50%以上に達する。

 これまでの受注数は570機に上る。ボーイング737やエアバスA320が競合相手だ。
担当者によると2014年にテスト飛行する計画だったが、遅れた。
安全性を証明する「型式証明」を中国当局から取得するには4~5年程度かかるとの見方もある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック